お悩みタイトル【耳の汚れ】

耳の汚れが凄く耳の奥までベトベトのため毎週耳の奥まで綿棒とエピオティックでとっています。あまり綿棒と奥まで取ることは推奨されていないので困っています。耳掃除を減らすと禿げるまで搔いてしまいます。

ニックネーム:はなみずき
ペット:【猫】さくら(エキゾチック)【性別:男の子】(1歳)
はなみずきさん、さくらくんこんにちは。
耳の汚れとお掃除についてのご相談ですね。

耳がベトベトに汚れている、掃除をしないとかゆみを伴うということで、お耳が病気になっている可能性があります。
耳の病気を2つ紹介するので、当てはまる症状があるかチェックしてみてください。

【外耳炎】
耳の病気で多くみられる、中で炎症を起こしてしまう病気です。
症状としては、痒みや耳垢・悪臭を引き起こします。
原因としては、異物、細菌、真菌、アトピーなど様々なものが考えられます。
放っておくと中耳炎まで進行してしまうこともあるので、進行する前に病院で処置をしてもらうことが大切です。

【耳疥癬】
ミミヒゼンダニというダニが、耳の中に寄生することで発症します。
激しい痒みを伴い、耳の毛が抜け傷ができるほど掻くことがあります。
治療法として、病院でダニを駆除する必要があります。

いづれにしても、放置すると重症化してしまうことから病院で一度診てもらう必要があります。

毎週の耳掃除、大変でしたね。
たしかに綿棒でのお掃除は、耳垢を押し込んでしまったり傷つけてしまう可能性があるため推奨されていません。
ですが、獣医さんなら飼い主さんが難しいところまできれいに、安全に行ってくれます。
また、病気に合ったお掃除の仕方も教えてくれると思います。

はなみずきさんもさくらくんを連れて病院に行くのは大変ですし、
さくらくんにとっても病院はあまりいい場所ではないかもしれませんが
さくらくんの耳の健康のためにもしっかり診てもらえるよう応援しています!

わかば先生に聞いてみよう!

獣医さんとしてはまだまだ"若葉マーク"だけど、動物を愛する気持ちは誰にも負けないわかば先生。
一般的な記事や動画ではなかなか取り上げられない疑問や不安を一緒に学びながら解消してくれます。
Q&Aの中にない場合はフォームからお気軽に相談してくださいね。

質問を投稿する